2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 科捜研の女 第一話 2時間スペシャル | トップページ | 陽炎の辻3 #10 »

2009年7月 4日 (土)

チャーリー

1992年製作

.

映画史上最高のスター、チャールズ・チャップリンの人生を超豪華スタッフ、キャストで描いた伝記映画。ロンドンの下町の貧しい役者一家に育ったチャーリーは、アメリカ巡業中に映画と出会いスカウトされるが…。!(amazonより)

.
.

チャップリンを演じるのが「トロピック・サンダー」で印象的だったロバート・ダウニー・Jr、そして監督リチャード・アッテンボローということで借りた作品。

.

公開当時は全く興味がなかったのです。

なぜなら、チャップリンを演じることができる人がいるとは思えなかったのと、中学か高校の頃に学校の図書館で借りた、原作となった自伝をあまり面白いと感じなかったからです。

今思えば、原作発表当時(1964年、日本での初版は1966年)は書けなかったこともあったのかもしれません。
1952年、追放されてから1972年にアカデミー特別賞受賞のために訪問するまで、20年間アメリカには行けなかった。他国では変わらぬ敬意を払われていたとはいえ、それは深い傷だったのでしょう。
彼の追放に一役かったと言われるFBI長官J・エドガー・フーバーが亡くなったのも1972年なのは意味深です。事実は知りませんが。

とにかく、ロバート・ダウニー・Jrが演じていなかったら見なかったと思います。

チャップリンの母をチャップリンの娘であるジェラルディン・チャップリンが演じていること。
「五線譜のラブレター」のコール・ポーターを演じたケビン・クラインがダグラス・フェアバンクスを演じていること。
アンソニー・ホプキンス、ダン・エイクロイド、ダイアン・レインが出演していること。
初恋の人と後半生をともにした女性の配役・・・
などなど、知らないことだらけで鑑賞しました。

.

本作は自伝のあいまいな部分に監督であるリチャード・アッテンボローが自分なりの解釈を加えて作り上げた作品です。
シナリオを書いたのは別人(ウィリアム・ゴールドマン、ブライアン・フォーブス) ですが、アッテンボローの中にある「チャールズ・チャップリン」を描いた、と言ってもいいかもしれません。

長い原作を2時間強にまとめてあるので、ダイジェスト的な部分もあるにはあるのですが、この有名人をここまで自分の手元に手繰り寄せた力は凄いと思いました。
露悪的にならない程度のシニカルな目線と同時に、深い敬意と共感が感じられました。

ロバート・ダウニー・Jrも「チャーリー」の動き、あのあまりに有名なスタイルを演じるのは並大抵なことではなかったと思いますが、健闘しているなぁ・・・なんていう意識は途中でなくなりました。

似ているとか似ていないとか、そういうレベルではなく、彼の思う「チャールズ・チャップリン」がぐいぐいと迫ってきました。
老年になってからのメイクの不自然さは多少気にはなりましたが、力技で押し切られてしまいました。

爽やかなのにそこはかとなく物悲しいケビン・クラインが印象的。
19世紀末から20世紀初頭にかけての英国のシーンも素晴らしく、さすが、アッテンボローの伝記もの。
見応えがありました。
何10年かぶりでチャップリンの映画が見たくなりました。
.
.

なお、劇中での1972年のアカデミー賞授賞式の様子は実際のテレビ中継のビデオがそのまま使われており、司会がジャック・レモンとウォルター・マッソーだったのが泣けます。若い・・・

.

« 科捜研の女 第一話 2時間スペシャル | トップページ | 陽炎の辻3 #10 »

*DVD・映画・観劇 た行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャーリー:

« 科捜研の女 第一話 2時間スペシャル | トップページ | 陽炎の辻3 #10 »

作品一覧