2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 婚カツ 最終回 | トップページ | 2009年6月まとめ »

2009年7月 1日 (水)

MW 第0章 悪魔のゲーム

映画「MW」の何ヶ月か前の出来事を描いたスピンオフドラマだそうです。
MWは未読です。

以下、ざくっと。

「いざという時に人を殺せるか、殺せないか」
原作を知らずとも、結城の冷酷さがよく伝わり、サスペンスとしては構成的に多少生温い部分もありましたが、最後まで面白く拝見しました。

最初は多少不審に思いながらも、世話になった先輩の紹介、ということもあって「おいしい話」くらいの軽い気持ちで運び屋をしていた隆志が段々不安になっていく様子はスリリングでした。

映画への導入にはなっていたと思います。

隆志が自首を決意した後、トイレでカバンを開くところが一番どっきりしたかな。
あ、開いちゃった、という感じでした。

野暮だとは思いますが、一応ツッコミを。
17,8歳の子供だけで養護施設って運営できるの?ていうか認可されるのかな?いえ、あくまで「お話」なので、流して見てもかわまない部分だと思っておりますが。

後、音楽の使い方について。普段ドラマを見る時はあまり気にしないのですけど、工場での解雇シーンには違和感を感じました。解雇のシーンにあのほのぼのミュージックはないだろうと。
緊迫した状況での多用も。音楽がないほうが引き締まったのではないでしょうか。
.
.

色々書きましたが、面白かったです。冷酷な玉木さんがはまってました。

佐藤さんも、年齢にあった役どころをナレーションを含めてほとんど一人で演じられており、見応えがありました。
シーンによって表情というより、顔そのものが変わって見えるのが飽きませんでした。
逆にいうと、俳優としてまだ固まっていない、とも言えるのかもしれないのでしょうが、その不確実な部分が魅力に感じました。
今後も小さくまとまらないで、俳優として成長していって欲しいです(^^)。

.

.

あの~どうしてもわからなかった部分があります(_ _ )

結局赤の男も青の男も殺せなかった隆志。
ゆかりが監禁された部屋をようやく見つけ、導線を切って爆発を食い止めようとしますが、結城に「切れば爆発を食い止めることができる」、と言われた色の導線がない。
あせる隆志はそばに置かれた紙に切り貼りされたメッセージに気がつく。

「お前は誰も殺せない。どれを切っても爆発するぞ!」←もう少し長く写して欲しかった。

ゆかり「この手の中にあるボタン、離したら爆発しちゃうの」

隆志はそのスイッチをそっと受け取る。

爆破設定時刻までもう時間がない。
二人はその部屋を逃げようとしますが、ゆかりは途中で紐にひっかります。
そのとき、隆志ははっとした表情で踏みとどまり、ゆかりを部屋の外へ追い出し、自分ひとり部屋に留まります。

長くなりましたが、「スイッチ」はリモコンだったのでしょうか?部屋に戻った隆志から紐は出てませんでしたよね?
それからわからないのがゆかりがひっかかった紐の意味です。鈍感で申し訳ない。
ここだけ何度も見返したのですけどね(汗)。

追記:

こんな疑問がわいた理由として、あの時、ゆかりは紐にひっかったのではなく、繋がれているため、あれ以上逃げられなかった、としたとしてですが、それなら二人でドアの外に逃げればいい、と一瞬思ったためでしょう。
その直後警察がやってきた時、すぐにゆかりはドアから離されていました。
紐(のようなもの)を切る場面があったかどうか・・・後でもう一度見直してみます。

いずれにしても

「ここで逃れることができても自分や両親のように、ずっと狙われ続けるだろう。巨大で凶悪な存在にゆかりたちを巻き込みたくない。」

ということなのでしょうが、隆志が重大な決意する瞬間なので、どうしても気になってしまいました。
また、なんか見落として的外れなことを書いてしまったかもしれない。すみません(汗)。

« 婚カツ 最終回 | トップページ | 2009年6月まとめ »

#ドラマ:SP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MW 第0章 悪魔のゲーム:

» MW−ムウ− 第0章 悪魔のゲーム  [Sweetパラダイス]
わ〜いわ〜いいろんな健くんがいっぱい私も健くんにお姫様抱っこされ隊私も健くんと一緒に寝隊なんかこれってヤバくない?止めた方がいいって健くんに悪魔が囁きかけるまたこの悪魔がイケメンなんだよな〜こんな悪魔に囁きかけられたらOKしそう手錠プレイの健くん赤と青...... [続きを読む]

» MW−ムウ− 第0章 悪魔のゲーム 理不尽この上ないゲーム [レベル999のマニアな講義]
『アクション大作映画MW週末公開記念スペシャルドラマ母を殺した男を殺せ! 美しきモンスターが仕掛けた復讐の序章は命賭けのゲーム〜号泣のラスト』内容森岡隆志(佐藤健)は、目覚めると、見知らぬ倉庫にいた。すると、、姿を現したのは、結城美智雄(玉木宏)そして...... [続きを読む]

» MW-ムウ- 第0章 〜悪魔のゲーム〜 [Addict allcinema 映画レビュー]
映画「MW‐ムウ‐」の数か月前を描くオリジナルストーリー!! [続きを読む]

» 『MW-ムウ- 第0章 〜悪魔のゲーム〜』 [英の放電日記]
(上から目線で申し訳ありませんが)  それなりに面白かった。(ドラマとしては面白かった)  でも、映画の宣伝にしか思えませんでした(実際そうなのですが)。  私だけかもしれませんが、ドラマや映画における犯人の行動は、ある程度、いやかなりの必然性があるべきだと思っています。  今回のゲーム?は 拘束された赤い服の男と、青い服の男がいて、 「赤い服の男と、青い服の男のうち、 どちらかは、母親を殺した男。 どちらかは、本当の父親。 60分以内に、自分の母親を殺した男を殺し、 その色の導線を切... [続きを読む]

« 婚カツ 最終回 | トップページ | 2009年6月まとめ »

作品一覧