2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 侍戦隊シンケンジャー 22 | トップページ | ブサービート #03 »

2009年7月28日 (火)

仮面ライダーディケイド 26

ブラックRXの世界(で、あっているのかな?)にやってきた士たち。

昭和のライダーはほんの少しみた記憶が残っている程度の視聴者ですが、何か懐かしかったです。

以下、1回視聴のみ、ざくっと感想。

ショッカーに襲われる士たち。
どうやらこの世界の侵略を狙っているのはクライシス帝国というらしく、彼らと戦っているライダーはRX。

そこへオーロラ(なんだそうです)から大ショッカーの幹部アポロガイストがファンガイアとイマジンまで従えて現れる。
アポロガイストはクライシスの戦士シュバリアンに大ショッカーに参加するように呼びかける。

悪の世界でも融合が始まっている?

以上、公式HPを参照しました。名前がややこしくって(苦笑)。

なかなか自分の世界を見つけられない士は家族なんかいらない、とうそぶき、この世界はこの世界のライダーが守ればいいんだ、と戦いを拒否します。所詮、自分は通りすがりの仮面ライダーにすぎない。

しかし、自分を庇ってエネルギーを吸い取られ命が危ない状態になってしまう夏海を救うため、アポロガイストを追ってオーロラを超えていきます・・・。
.

孤独な士の心情がちゃんと前回の話を踏まえて描かれてありました。
味方なんだか敵なんだかよくわからない海東のキャラもいかにもライダーっぽい感じ。

RXを知らない自分にとっては、前々回、前回を経てようやく「ディケイド」世界観が確立されたように思いました。

ドラマのベクトルがちゃんと士に向けられているように感じたためだと思います。
また、テンポもよく、前編ではありますが、面白かったです。
後編は「映画に続く」ってことになるのかな??ま、いいけど(^^;;
.

ユウスケはどうなるんだろうなぁ。
今回は一瞬変身していたけど。

後編も楽しみです。

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18 #19 #20 #21 #22 #23 #24 #25

« 侍戦隊シンケンジャー 22 | トップページ | ブサービート #03 »

△特撮:仮面ライダーディケイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーディケイド 26:

» 仮面ライダーディケイド 第26話 大ショッカー来襲!! [レベル999のマニアな講義]
『RX!大ショッカー来襲』内容新しい世界にやってきた士(井上正大)ユウスケ(村井良大)夏海(森カンナ)その彼らの前にクライシス最強の戦士・怪魔ロボット・シュバリアンが現れる!“霞のジョーを始末しろ!”多くの敵に囲まれる中、突然、南光太郎(倉田てつを)が...... [続きを読む]

« 侍戦隊シンケンジャー 22 | トップページ | ブサービート #03 »

作品一覧