2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 赤鼻のセンセイ #02 | トップページ | ふたつのスピカ #05 »

2009年7月16日 (木)

リミット 刑事の現場2 #01

とても面白かったです。

リアルタイムでは裏のドラマを視聴していたのですが、どうしても見たかったので「リアルタイム視聴のみ」という自分的括りを破って録画視聴しました。

覚書として印象のみ簡単に書きます。

第1シリーズを見ていないので、加藤(森山未来)と青井茉莉亜(加藤あい)の間に漂う不安定感の背景がわからなかったのが残念です。見ておけば良かった。

武田さんのアクの強い演技が梅木役にぴたりとはまっていました。

.

犯罪加害者と被害者の家族。重たいテーマに果敢に取り組んだ初回。
と、同時に「梅木」という強引で複雑な人物像を強烈に視聴者に印象づけたお話でした。

重厚でリアルなタッチです。
犯人と被害者の父親の対決には思わず固唾を呑みました。

強引な落とし前のつけ方でしたが、それなら他にどういった方法があるのか。
視聴した後に思わず考え込んでしまわせる、そんな真摯な力を感じました。

最後、犯人の顔は写されませんでした。
どんな表情をしていたのでしょう。

余韻の残るシーンでした。
.
.

もうすぐ裏のドラマも始まるのですが、どうしようかなぁ・・・

« 赤鼻のセンセイ #02 | トップページ | ふたつのスピカ #05 »

#ドラマ:2009年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リミット 刑事の現場2 #01:

» NHK土曜ドラマ リミット−刑事の現場2− 第1回 その男は... [レベル999のマニアな講義]
『その男は、悪魔』『その男は悪魔 通り魔殺人発生!お前はもう人間じゃない』内容加藤啓吾(森山未來)は、東和署から名古屋中央署に異動してきた東野恵一刑事課長(杉本哲太)にあいさつをしていると啓吾が巡査部長に一発合格したことに太宰満課長代理(伊武雅刀)が、...... [続きを読む]

« 赤鼻のセンセイ #02 | トップページ | ふたつのスピカ #05 »

作品一覧