2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« MW 第0章 悪魔のゲーム | トップページ | コメントありがとうございます。 »

2009年7月 1日 (水)

2009年6月まとめ

そろそろ2009年の夏クールが始まる時期となりました。

2009年春クールは終了していない「MR.BRAIN」「陽炎の辻」と6回だった「遥かなる絆」を除いて計5本感想を書きました。(「ふたつのスピカ」は夏クールとしました。後はライダーと戦隊を継続中。)
「婚カツ!」「アタシんちの男子」「白い春」「ゴーストフレンズ」「名探偵の掟」です。

上記ドラマに限りませんが、どんなに破綻しているドラマでも「気になるドラマ」であれば見続けることができるようです。
ストーリーであれ、出演している俳優さんであれ、どこかしら気になるドラマ。

「アタシんちの男子」は感想ではかなり毒を吐きましたが、最後まで良くも悪くも(苦笑)、「気になるドラマ」であり続けてくれたので、楽しかったです。

感想の完走を目指していると、何のひっかりもないドラマを見続けるのが辛いことがよくわかりました。
.

さて、視聴が決まっているのは2本です。
「官僚たちの夏」と「任侠ヘルパー」です。
日曜劇場は久しぶり。原作も未読なのですが、骨太なドラマみたいなので期待しています。木10はNHKの「ドラマ8」があるのできついのですけれど、フジ系のクサナギさんに今まで外れはなかったので、見てみたいと思いました。

あとは一回目を見てから。

過去に何度か書いておりますが、基本的に23:00以降のドラマはリアルタイム視聴が無理なため、及びテレ東系は見れないのでパスいたします。

.

追記:心に残ったのは「遥かなる絆」と、連続ドラマではありませんが「刑事一代」でした。

.

※読書順、敬称略です。緑色のタイトルが新読、茶色のタイトルが再読です。

.

○読書<新読> 

「深川恋物語」 著:宇江佐真里
「無事、これ名馬」 著:宇江佐真里
「桜花を見た」 著:宇江佐真里
「余寒の雪」 著:宇江佐真里

○読書<再読> 

「日本探偵作家論」 著:権田萬治
(主に戦前を中心に活躍した探偵作家を取り上げた評論。)

「ビリー・ワイルダー自作自伝」 著:ヘルムート・カラゼク、訳:瀬川裕司

ビリー・ワイルダーへのインタビューを編集した作品。珠玉の名言がぎっしり詰まっています。久しぶり読みましたが、改めて大変興味深い話が多く、面白かったです。

以下、ほんの一部です。

・「運命的な事件とか大きな感情の起伏といったものは直接的に映像で示すべきではないという原則がある。」

・「偶然を置いてよいのは物語の発端だけである。」

・「(いい映画とは)原作、出発点となるアイデアの発見、数年後に映画が完成した時点で時代とぴったり合った作品となるように、時代を先取りするストーリーがあること。」

・「映画とはキャスティングである。(略)映画とは編集でもある。正しいリズムを発見すること。」

・「滑稽に感じるというのは」
「観客は登場人物より多くを知っていることで滑稽さを感じ、秘密を教えられているために共犯者になる。その次にもっと多くのことを知りたいと思っているところで監督に驚きを与えられ、それによってさらにおかしさを感じるのである。」

今更ですが、「アナライズ・ミー」「アナライズ・ユー」がワイルダーのアイデアだったことも今回の再読で気がつきました。

「彼(注:ワイルダー)はマフィアのボスの話を考えついた。そのボスは精神を病んでいて、精神分析のところに行くしか治す方法がない。」

.

.

« MW 第0章 悪魔のゲーム | トップページ | コメントありがとうございます。 »

@今月の読書」カテゴリの記事

#ドラマ:雑感」カテゴリの記事

#今月のまとめ」カテゴリの記事

#ドラマ:2009年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年6月まとめ:

« MW 第0章 悪魔のゲーム | トップページ | コメントありがとうございます。 »

作品一覧