2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 龍馬伝 | トップページ | 赤鼻のセンセイ #02 »

2009年7月16日 (木)

コールセンターの恋人 #02

感想は遅れましたが、何となく見てます。
簡単に。

「わけあり商品」の裏事情を垣間みれたのは面白かったです。
ハッピーエンドでまとめたのも多少強引だったけれども、ドラマのテーストとしては納得。

でもコールセンターから脱出したいがために内部告発の報告書まで作成する都倉(小泉孝太郎)が、後半からいきなり熱血になってしまうのはちょっと強引すぎないかな、と感じました。ぼんやり見ていたせいでしょうか(汗)。

仕事への情熱はあるけど、コールセンターでの仕事にやりがいが見つからないため、他の職員との距離を持とうとしている。ま、やる気は元々ある人なんだろう、というのは何となく感じましたが。

しかし、初回ではコールセンターの仕事に対するあからさまな蔑視が感じられたのに、今回はクレーム処理のために自腹で北海道まで行ってしまう、という行動を起こす動機の描き方が何だか消化不良。

ドラマは主人公・都倉の目線で描かれており、彼以外はみな謎の人物、という構成なので、もう少し都倉の心の軌跡を丁寧に描くシーンが必要だったような気がしました。

せめてもうワンクッションでもあれば、「技あり」だったかも。
.
.

初回の簡易感想

« 龍馬伝 | トップページ | 赤鼻のセンセイ #02 »

#ドラマ:2009年第3クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コールセンターの恋人 #02:

» コールセンターの恋人 第2話 ワケありのワケ [レベル999のマニアな講義]
『大人気!ワケありタラコに(秘)ワケあり』内容“ワケありタラコ”を南極アイス(名取裕子)が紹介したところ、コールセンターには注文が殺到し、おどろく都倉(小泉孝太郎)。そして、そのまま限定数500が、即完売してしまう。アイスは、限定数が少なすぎることに、...... [続きを読む]

« 龍馬伝 | トップページ | 赤鼻のセンセイ #02 »

作品一覧