2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« MR.BRAIN #6 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 22 »

2009年6月29日 (月)

侍戦隊シンケンジャー 19

新メンバー、寿司侍は見かけより(失礼)うんと頭がいいらしい。
モヂカラの稽古をしている最中に折神の構造が分かっっちゃたんだそうです。
で、自ら製作した新しい、おいしそうな(笑)エビオリガミも待機中です。

メンバーでも自分で折神を作ることができません。
爺いわく、過去に何人かいた、という話を聞いただけだそうで。
殿、というか志葉家を継いだ人は作れるのかな?ここんとことろはよくわかりませんでした。

ここでは便宜上、寿司「侍」と書いていますが、メンバーみんなに「侍」と認められたわけではありません。
他のメンバーは感心していますが、ブルーさんは「侍ではない、職人だ」と認めません。

「侍になってはしゃいでるうちは侍じゃない。侍ごっこだ」
英才教育を受けて育ったブルーさんには、寿司侍の立ち振る舞いに納得がいかず、侍になる覚悟にも疑問をいだいているようです。

立ち振る舞いなら、一応選ばれし者であるグリーン君も侍らしくないですけどね。
まぁ彼とは衝突しながらもお互いに認め合う時間がありましたが、寿司侍は新参者!←ブルーさんのような人には大事なことです、きっと。

でも、「職人だ」の指摘には少し同意しました。
職人を貶めている、ということではなく、専門職、という意味です。彼らがいなくてはいい仕事はできませんもの。でも寿司侍は「職人」というより「天才」なのでは?

.

さて、寿司侍は黒子となってブルーさんのストーカーに(違)。
こういう素直なところ、いいですね。見ているほうもストレスがたまりません。

ブルーさん、かなりストイックな日常をおくっておられるようです。
途中で寝てしまう寿司侍との対比の描写はベタですが、テンポがありました。

こういう王道の描写をうまく使っていると思いました。

今回のアヤカシはアブラスマシもどき。
シタリともども企てることがえげつない。
もう、心置きなくやっつけて欲しくなります。

彼らを追っていったブルーさんと寿司侍は、結界に入ってしまったため殿たちと連絡がとれない。

しかもアヤカシの「アブラでヌルヌル」攻撃で武器が手からすべって使えずピンチに。
だが、アヤカシもうっかり自分の武器をヌルヌルにしてしまったので、研ぎなおし。

怪我をおった寿司侍は自分を逃がして一人で戦おうとするブルーさんに言います。

侍の立ち振る舞いはできないけれど「外道衆が誰かの命を奪うっていうなら、命張って守る。それは侍ごっこじゃない!」

熱いです。

ようやく寿司侍の心気を認めるブルーさん。そして言います。

「もうすぐ書の稽古が始まる。私が戻らなければ殿は必ず。」
寿司侍「信じるとするか」

信じる、じゃない。殿は来る。」と、ブルーさん。大向こうが聞こえそうです。

その言葉のとおり、殿たちはやってきました。
そのとたん、シタリは「お前とシンケンレッドの相性は最悪だ。」と言い捨てて引き上げます。
確かに、油に火を注ぐ、もとい火に油を注ぐ(爆)。

駆けつけた殿たちを見て、寿司侍は

信じる、じゃないんだ。疑わないんだ。侍が命預けるってことは、こういうことかと、決意も新にともに戦います。

掴み取りされて墨を吐くイカオリガミが可愛い(爆)。やっぱりうまいです、オモチャの生かし方が。

ラストは「海老蔵なんて!(失礼であるぞ)」とクレームをつけるブルーさんでおしまい。
ブルーさんのバックボーンがからんでいて、満足なオチでした。
.
.

久しぶりに密度の濃さを感じたお話でした。
寿司侍とブルーさんのやりとりにも「熱血」を感じましたし。

ブルーさんの出自、その出自からくるエリート意識や、時間に正確で几帳面な性分が全編に渡ってきめ細かく取り入れられていて、無駄がありませんでした。

今まででのお話の中で、ブルーさんが一番格好よくみえましたね。

また、「真面目で腕は立つけど、融通が利かなくてファザコン・マザコンでちょっとタカビーでM気がある」(長い;)という基本キャラがしっかりしていると、この先、いじくられたり、間が抜けているシーンがあった時に感じる面白さに深みがでるように思いました。

今の時点で、殿を含めた他のメンバーより設定が仔細に書き込まれている気がします。
他の人たちはこれからに期待です。

こうしてみると改めて14話の「侍志願」の内容のぬるさが気になるけど。
仕方がないですね。

また、視聴するモチベーションが上がってきました(^^)。
来週も楽しみです!

.

..

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15 #16 #17 #18

« MR.BRAIN #6 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 22 »

△特撮:侍戦隊シンケンジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 侍戦隊シンケンジャー 19:

» 侍戦隊シンケンジャー 第十九幕 侍心手習中 [レベル999のマニアな講義]
『侍心手習中』内容モヂカラの稽古中に、折神を理解して“海老折神”を作ったという源太(相馬圭祐)。大きなモヂカラで、動き出すと言う。1つの才能として感心する彦馬(伊吹吾郎)であったが、流ノ介(相葉弘樹)は、これでは侍ではなく職人だと言い放ち、“侍として認...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第十九幕「侍心手習中-さむらいごころてな... [あくびサンの、今日も本を読もう♪]
バシン感想でも書いたけど、先週お休みで淋しかったです。寿司桶から出てきた海老折神。源太が自分で作った折神をみんなに見せています。折神って文字のプログラムみたいなものだって?師もなく一人独自に修行?してきただけに、源太は他の5人と違って独創的な感じですね...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー #19 [Sweetパラダイス]
2週間ぶりのスーパーヒーロータイムだイェ〜イ源太、目立ってるねあの源太が海老折神を造っちゃいましたこれには殿もびっくりこの子天才だったのね〜流ちゃんが嫉妬しそうだなよーし、黒子に化けるぞ流ちゃんの日常生活が覗けるのね早く早く〜朝4時からランニング流ちゃ...... [続きを読む]

« MR.BRAIN #6 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 22 »

作品一覧