2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 白い春 9 | トップページ | 有名になる方法教えます »

2009年6月12日 (金)

ゴーストフレンズ 最終回

最終回。
カイトと、ミク、メイ、そしてタクシードライバーさんと彼の友人の元刑事のゴーストはゴースト達に誘拐された明日香を救出に向かう。
カイトに与えられた肉体のリミットは夜明けまで。

一方、明日香が幽閉されている学校には、大勢のゴースト達が集まっている。
彼らは生きている時にやり遂げられなかったことを、もしくはもっと追求したいことを人に憑りついて実現させることを願っている。

美空はそんな彼らを見て「バカじゃない、生きている時と同じ事をやるなんて。違うことをしなくちゃ意味がない」と冷ややかに言い放つ。

そこへカイト達がたどり着き・・・

タクシードライバーさん(中身は元刑事)が大活躍です。
「おじさん、かっこいい!」
ゴーストに乗り移られたもの同士の格闘技バトルでしたが、やられても痛みを感じてなさそうな所がゾンビっぽくて面白かったです。

明日香は自分の体にカイトと美空のふたりを憑依させ、三人の記憶が明日香の中で初めて交わり、明日香も、そして美空も知らなかった、カイトの隠された過去の秘密が明らかになっていく。(公式HP)

カイトは実は手術を受けても生存率の低い重度の脳腫瘍で、余命わずかだった。
そのことを美空に打ち明けられず、悲しませるくらいなら、嫌われようと思って、別れを告げるために最後のデートでオルゴール記念館(だっけ)に向かう。
その途中で事故にあい、美空は死んでしまう。

というのが真相でした。
「巻き込んで悪かった」
カイトの言葉に美空の心も融け、二人一緒に昇天します。

あとのゴーストたちも明日香のパワーで邪念が、つまりこの世への未練がなくなります。
アンナさん曰く「あの子、凄いパワーだわ」。

皆昇天したと思うのですけど・・・一回しかみていないので、間違っていたらすみません。
アンナさんや、もともと邪念のないミクとメイはそのまま残っています。
元刑事も残っています・・・

10ヵ月後、美大に受かった明日香。
ミクとメイは自分達の夢がかなった、と昇天します。
どうやら明日香のゴーストを見える力は衰えているようで、その内消滅するようです。あやかさんみたいに。
母の姿も見えなくなり、やがて声だけに。
「見えなくなっても、聞こえなくなっても、ここにいて武志が一人前になるまでは見守り続ける」と。

7年後。(つまり大学を卒業して3年後?)
明日香はりっぱな会場で個展を開くまでに。
高校時代の担任と美術部顧問(演:岡田さん)は結婚してます。
ミクの元カレ、永井とナオも結婚。ナオは趣味のわるーい(爆)デザイナーになってお店も運営しているとか。そういや母親もデザイナーだったもんね。

ゴーストが見える、と打ち明ける受付の女の子を見て顔を見合すあやかと明日香。

以上です。

.

.

なんだかバタバタと終わらせた感じがしました。
放置された意味ありげな伏線が多かったようにも。
結局美空が黒幕だったの~?!
.

ゴーストモノなのにファンタジック、もしくはスピリチュアルな面白さが少なく、恋愛ドラマになってしまいました。そういうのが好きな人には面白かったかもしれないです。

単細胞な自分は、美空を自分の思いに巻き込んで、例えそれが美空の運命であったとしても、死に至る原因を作った挙句、途中で美空を突き放して明日香に心変わりし、最後は美空とともに昇天する、というカイトのフクザツなキャラにはお手上げです(苦笑)。
気持ちを分かりたいとも思わないし(毒)。←好みの問題です。お許しを。

まだ、美空の気持ちの方がわかります。嫌なキャラでしたが、存在感はありました。

明日香は・・・えー、自分は最後まで共感できず、従って応援もできませんでした。すみません。
ゴーストが見えなくなる、ということが「成長」ならば、明日香が成長したってことで(投げやり)。

ようは明日香とカイトと美空の三角関係のお話で・・・全体的になんだか昼ドラチックな作品でした。制作費的にも;;

途中、明日香の記憶の欠片として幼い明日香に「見えてもそのことは誰にも言ったらだめだよ」と語りかける祖母のシーンがありましたが、このようなシーンはこの回だけだったような気がします。
なんと、もったいない。

他にももったいない設定はたくさんあったような気がします。
「元はゴーストが見えた」あやかさんとか、ゴーストなミクとメイとか、永井とか。
皆、中盤からラス前にかけて、ほとんど背景化してました。
あやかさんは無理矢理なエピソードに引っ張り出されていましたけど。
それからサプリメントマニアの会社の勘違い同僚とか・・・

で、一番気になるのはタクシードライバーさんとその友人のゴーストがどうなったのか、なんですけどね。
ネタとしてあれだけひっぱいといて、ラス前にどんでん返しで味方であることを明かすことにどんな意味があったのか?
単にアクションシーンを撮りたかったから?
ちゃんと落とし前をつけて欲しかったです。

色々と放り投げられてしまった作品(苦笑)。
それが気になって面白かったかどうか、という感想は飛んでしまいました。
強いていうなら、いくつか面白い回もあったけど、シリーズ前半と後半のバランスが悪く、ストーリーが破綻してしまった、もったない作品、ということで。

次回からは・・・なんと豪華なキャストです。
「豪華」=「いい俳優」という意味ではなく、純粋にギャラ的に、です(汗)。

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9

« 白い春 9 | トップページ | 有名になる方法教えます »

#ドラマ:2009年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴーストフレンズ 最終回:

» ゴーストフレンズ 最終回 [しなもにあ]
ケンミンSHOWに出てた渡部豪太君と入山法子さんは似てると思うついでに爽健美茶CMは入山さんだと思っていたら杏さんだった渡辺謙のお嬢さんだよね次のドラマどうしようかな田辺さんが出るから見ようかなで、ゴーストフレンズふーん10ヶ月後 7年後・・・ふーん結局カイ...... [続きを読む]

» ゴーストフレンズ 第10回 [ドラマハンティングP2G]
最終回「さよなら、ゴーストたち」 2009年6月11日 ゴーストたちにさらわれた明日香(福田沙紀)は、自分と同様にゴーストが見える少年少女たちとともに人里離れた廃校に閉じ込められてしまう。タクシーの運転手・佐藤(小市慢太郎)とともに、カイト(西島隆弘)、ミク(水..... [続きを読む]

» NHKドラマ8 ゴーストフレンズ 第10回(最終回) さよな... [レベル999のマニアな講義]
『さよなら、ゴーストたち』内容謎のゴースト(土平ドンペイ、瀧川英次、ヨシダ朝)達から、追いかけられ、ついに捕まってしまった明日香(福田沙紀)そんななか、倒れてしまうカイト(西島隆弘)カイトは、アンナ(鰐淵晴子)から、本当の寿命が尽きるのは明日の朝と告げ...... [続きを読む]

» ゴーストフレンズ 最終回 (入山法子さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆入山法子さん(のつもり) 入山法子さんは、毎週木曜よる8時「NHKドラマ8」枠で放送されていた連続ドラマ『ゴーストフレンズ』に本郷美空 役で出演しました。先週は第10回(最終回)が放送されました。●あらすじと感想... [続きを読む]

« 白い春 9 | トップページ | 有名になる方法教えます »

作品一覧