2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« アタシんちの男子 7 | トップページ | ゴーストフレンズ #8 »

2009年5月27日 (水)

白い春 7

むらかみベーカリーに勤めだした佐倉。
仕事に疲れながらも、楽しそうな佐倉を複雑な想いで見つめる栞、その栞を彼なりに心配する勇樹。

ある日、熱を出して帰宅したさちを看病するために、村上から上がってはいけない、と言われたパン屋の2階にある村上たちの住居に足を踏み入れる。

話は栞たちのパート以外はそれほど動いていないのですが、とにかく、佐倉と村上のやりとりが非常に面白くて見応えがありました。

まさしくがっぷり四つ、という感じ。これが見たかったんだ、と思わせる納得のシーンの連続でした。

些細なことで維持を張り合う二人。
テレビゲームに思わず本気になる大人気ない二人(笑)。
佐倉の引きつった笑顔(爆)。

一方、さちを可愛がるあまりつい、甘やかしてしまう反面、仕事が忙しくてさちの気持ちを見逃しがちな村上に「好き嫌いを許しているのか」、「パーティを開いてやれ」などと、ぶっきらぼうではあるが助言しながらも、(自分の知らない)さちの年月が刻まれている上の部屋には行きたくない、という佐倉。

なさぬ仲の父娘を取り持つような役割を、さちを思うが故、意識せずしてとっているようです。

さちのサプライズで誕生日を祝ってもらい、思わず涙する村上と、その光景に穏やかな表情で一人涙する佐倉。複雑です・・・。

真理子の死を知らせれた時の号泣も哀しかったですが、今回の静かな涙にも思わず感動しました。

村上も、几帳面な(笑)佐倉のことを憎めなくなってきているようです。

佳奈子はやはりシスコンだったのですね。
あまりかき回さないで欲しいです(汗)。

栞と勇樹は予想通り、悪い方向に向かっているようです;;

ただ、辛抱強くワッフル作りを手伝ったり、栞の寂しい気持ちを佐倉に訴えたりと、やっと勇樹のキャラがたってきました。
短絡思考の持ち主だけど、悪い奴じゃない。
彼も何だかの心の傷を背負っているのでしょうか。
栞のことを思いやることができるのは、好きなだけじゃなく、彼女を理解できるだけの経験があるように感じました。

この若い二人は開始直後は単に「今どきの」としか感じませんでしたが、ここへ来て痛々しく思えてきました。

来週、デビット伊東さん(役名を覚えていません)が再登場。
栞と勇樹が心配です。
どうか大事にはいたりませんように・・・

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6

« アタシんちの男子 7 | トップページ | ゴーストフレンズ #8 »

#ドラマ:2009年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白い春 7:

» 白い春 第7話 名乗れない痛み [レベル999のマニアな講義]
『名乗れない痛み』内容村上ベーカリーで働き始めた春男(阿部寛)そんななか、山中恵一(村上剛基)が配達途中の事故でケガ。康史(遠藤憲一)が病院に向かう中、さち(大橋のぞみ)が熱で早退して帰宅。“康史も佳奈子もいない2階”に上がったさちのことが気になる春男...... [続きを読む]

» 白い春 第7話 [ぷち丸くんの日常日記]
山中(村上剛基)が事故に遭ったと連絡が入り、康史(遠藤憲一)と 佳奈子(白石美帆)は病院へ向かう。 その直後、さち(大橋のぞみ)が熱を出して学校を早退して来る。 一人でベッドに横になるさちを心配した春男(阿部寛)は、自宅である 二階に上がってはいけないことを知... [続きを読む]

« アタシんちの男子 7 | トップページ | ゴーストフレンズ #8 »

作品一覧