2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« かけひきは、恋のはじまり | トップページ | 陽炎の辻3 #7 »

2009年5月30日 (土)

名探偵の掟 7

原作未読です。

ですが・・・原作はどんな話なんだろう?と、思ってしまった今回。

「一人二役」モノは「一人二役」だってわかった時点で即、犯人がわかってしまう、中々リスキーなトリックなので、一目瞭然たる事実を前にして、「名探偵のストーリー」にせんがために無理矢理とぼける設定はシュールで面白いとは思いましたが。

「赤井留美」を前にして苦しむ大河原の姿には笑いました。

しかし好みの問題でしょうが、黄部社長の女装ネタだけで引っ張られると苦しい(苦笑)。
そのため森山のサブネタも空回りしているように思えたし・・・

オチもわざわざ大島さんを持ってこなくても、「黄部そっくり」でもよかったんじゃないかな、と。それでは当たり前なのかな?

とぼけきらねばならない天下一と大河原の苦悩には多少の哀愁を感じはしました。
うーん、メイン3人の雰囲気は好きなのですけど。

今回は小部屋は出てきませんでした。

あ、倉庫の場面で、手しか見えませんでしたが、撮影している人物が出てきました。
本筋に関係あるのでしょうか??

来週は「2時間サスペンス」がお題です。

.

.

#1 #2 #3 #4 #6

« かけひきは、恋のはじまり | トップページ | 陽炎の辻3 #7 »

#ドラマ:2009年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵の掟 7:

» 名探偵の掟 第7話 犯人が消えた!! [レベル999のマニアな講義]
『黄部社長宅殺人事件』『トリックの正体』『美しき殺人者内容黄部コーポレーションの社長・黄部矢一朗(大和田伸也)に呼ばれ先代社長・雅吉の遺産分割の相談で、屋敷を訪ねていた天下一(松田翔太)雅吉の書状をもつモノに、権利があると言う事だった。そこに現れたのが...... [続きを読む]

» アフタースクール(118作目)&疾風&探偵 [別館ヒガシ日記]
アフタースクールはWOWOWでして鑑賞したけども 結論は最後の展開は予想外で何度でも観たいと思うよ 内容は中学教師である神野&身分を偽ってる探偵の島崎が 神野の同級生であるサラリーマンの木村を探す展開だ 最初は木村の浮気を疑う神野&調べる島崎と思っ... [続きを読む]

» 名探偵の掟 #07 [ドラマハンティングP2G]
「黄部社長宅殺人事件」 また洋館で殺人事件が発生。また偶然居合わせた天下一は、犯行現場から逃げさる男の姿を目撃した。事件当時の屋敷には数名の男女がいたが、赤井留美という美貌の女性だけは、大河原たちの前になぜか姿を現そうとしない。小説内でしか成立しないはず..... [続きを読む]

« かけひきは、恋のはじまり | トップページ | 陽炎の辻3 #7 »

作品一覧