2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ゴーストフレンズ #7 | トップページ | 陽炎の辻3 #6 »

2009年5月23日 (土)

名探偵の掟 6

原作未読です。

テレビ太陽のドラマ部のディレクターが死体で見つかる。天下一はテレビの密着取材を受けながら捜査を開始する・・・。

童謡殺人、ということでもっとオバカな展開を予想していたのですが、最後までブラックジョークのノリで締めており、ドラマとしては、一番よくできているように思いました。

童謡殺人を「親切設計」とし、「被害者が出揃うまで事件は解決できない」のが名探偵の掟であり、その掟を破ると大河原曰く「罰があたる」という流れが面白かったです。
そうですか、罰があたるのか・・・。

容赦がなかったのは舞台がテレビ局のためのなのでしょうか。

この手の話に相応しく今まで一番豪華だった(かもしれない)ゲスト陣や、本格ミステリーからホラーまでの色んな作品のパロディが効果的に使われていたように感じました。

今回の真の主役はストーリー自体で、天下一はまさしく「名探偵」らしく狂言回し的なスタンスだったのも、「本格ミステリー」らしかったです。

うーん、これ以上は言えない(笑)。とにかく大変面白かったです。

前回までのゆるーい感じがあったからこそ、一層面白く感じたのかもしれません。

こうなると、いつもの感じが懐かしい(笑)。

レイアウト及び照明が一変した小部屋に連れられていく藤井の様子の描写が親切になっていました。
あ、「真剣な藤井」は可愛かった。

来週は?

.

.

#1 #2 #3 #4 #5

« ゴーストフレンズ #7 | トップページ | 陽炎の辻3 #6 »

#ドラマ:2009年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵の掟 6:

» 名探偵の掟 第6話 10番まで歌詞がある童唄殺人事件 [レベル999のマニアな講義]
『よりによって10番まで歌詞がある 童唄になぞらえて起きている連続殺人事件内容テレビ太陽のディレクター貝本巻夫が殺された。口には、なぜか饅頭。。。なぜ???という大河原警部(木村祐一)と茉奈(香椎由宇)しかし、発見者の警備員森田によると、見つけたときは...... [続きを読む]

» 疾風&必殺&探偵&サヨナラ竜1勝1敗 [別館ヒガシ日記]
は幽鬼丸にカブトが真実も抱擁の展開だが 今回はカブトがリンジに扮して真実を暴露したし &&は手下を倒すも終わる気配が無く オマケは屋で素顔も同様に謎で終わり 次は襲われ最期の前兆を感じさせる予告の内容で 必殺は屋敷が捨て山で襲撃の展開も 今回は主水とアヤメの関... [続きを読む]

« ゴーストフレンズ #7 | トップページ | 陽炎の辻3 #6 »

作品一覧