2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 白い春 5 | トップページ | あの日の指輪を待つきみへ »

2009年5月15日 (金)

ゴーストフレンズ #6

ゴーストとなったクラスメイト、ナオの母で大成功したデザイナーでありながら急死した泉の「娘に遺産を受け取らせたい」という願いに協力する明日香のお話でした。

自分の夢を捨てきれず、5歳の時に娘を捨て家を飛び出した高飛車な態度の泉に、最初は反発するも、母(ゴースト)のアドバイスを聞き、泉がふと見せた陰りある表情を見て、願いを聞くことにした明日香。

泉は自社ビル含め、全ての財産をナオに残したいと願う。
しかしナオは「母の顔も覚えていない。おばあちゃんもお父さんも忘れることを願っている。」と拒絶します。

しかし、ナオは母の思い出に繋がる物をみつけて、優しかった時の母を思い出します。
その様子を見た泉は、心は残りつつも、娘の幸せを願って昇天します。

嗅覚って人間の持つ五感の内、一番原始的な感覚だと、理科の先生が言ってました。

一方、人間の肉体を持つカイトは恋人のゴースト、美空と遭う事ができたのですが、心はすれ違ったままに終わりました。

それでも美空を想うカイトを見て、明日香はカイトへの想いを断ち切り、受験勉強に専念しようとしますが、美空は明日香をさかんに挑発します。

今回もいいお話で終わるかと思いきや、美空の企みによって明日香の学校が火事によるパニックに陥ってしまい・・・。

美空の存在が再びクローズアップされました。そのため、少し泉とナオの話が薄くなった気もしました。

美空は何を訴えたいのでしょう。
カイトに言った言葉が真実だとは思えません。

彼女の気まぐれな行動は単にゴーストになってしまった悲しみがなせる業なのか、生前になしえなかった事に固執しているのか、それとも何か試しているのか。
もし彼女を操るモノがあったとしても、あまり悪質な存在ではないような気はしますが。

ラスト近くまで謎のまま持って行くのでしょう。

個人的に気がかりなのは、ミクとメイ、そして明日香の母の行く末ですね。
今後のストーリーに本格的に絡んでくるのでしょうか?

.

#1 #2 #3 #4 #5

« 白い春 5 | トップページ | あの日の指輪を待つきみへ »

#ドラマ:2009年第2クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴーストフレンズ #6:

» NHKドラマ8 ゴーストフレンズ 第6回 最後のプレゼント [レベル999のマニアな講義]
『最後のプレゼント』内容『美空(入山法子)は一人で探す』と、突然、カイト(西島隆弘)から告げられた明日香(福田沙紀)。疑問を感じモヤモヤしながらも、明日香はゴースト達から相談を受けていた。そんななか、友人の柴田ナオ(渋谷飛鳥)永井拓海(川久保拓司)そし...... [続きを読む]

« 白い春 5 | トップページ | あの日の指輪を待つきみへ »

作品一覧