2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 名探偵の掟 5 | トップページ | 遥かなる絆 5 »

2009年5月16日 (土)

陽炎の辻3 #5

原作未読です。

今回は将軍家治の嫡子・家基の警護を依頼される磐音と、嫁ぎ先にトラブルが起きたらしい奈緒とおこんの出会いを描いたお話の前編でした。

前編ですので、簡単に。

久しぶりの奈緒。これも久しぶりのテーマ音楽とともに登場しました。
おこんの案内で、吉原にいた頃は訪れることの許されなかった磐音の住まいに、人の妻となった今、初めて訪れる奈緒の姿に、観ている方も複雑な気分に。

家内には位牌が3柱・・・
そして奈緒の来訪を知らない長屋の連中が井戸端で交わす軽口。

なんだかな、おこんちゃん。
連れてくるのは罪じゃないですか?と思ってしまいました。
はっきり言うと天然なのか、無神経なのか、それとも確信犯なのか、微妙なところですよ。

例え奈緒が結婚そのものには後悔していないとしても、「青春の思い出」は特別ですから。
ましてやふたりの場合、幼馴染の上、経緯が経緯ですからね。
なんせ2クールも費やしたのだから(爆)。

ま、来週の展開を待ちます。
どうやらどろどろした展開にはならないようですが。

アジトに潜む雑賀衆は、どんな外道衆、と思ってしまいました(爆)。

格闘技界からの抜擢は今までもありましたが、やはり、プロに任せた方がいいんじゃないでしょうかね?

ワイヤーアクション、雑賀衆がらみの時だけなら、目先が変わっていいかもしれないですが、多用すればマンガチックになって、ストーリーと乖離するような気がしました。

やはり一番気になるのは殺陣の撮り方です。
カラミの人達も含めてもっと格好よく撮ってあげて欲しいです。
期待しているからこそのツッコミとして、お許しくださいませ。

そういえば、一心不乱にご飯を食べる磐音の姿も久しぶりに観ました。

来週も楽しみです。

.

.

#1 #2 #3 #4

« 名探偵の掟 5 | トップページ | 遥かなる絆 5 »

#ドラマ:2009年第2クール」カテゴリの記事

@山本さん」カテゴリの記事

□陽炎の辻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽炎の辻3 #5:

» NHK土曜時代劇 陽炎の辻3〜居眠り磐音 江戸双紙〜 第5回... [レベル999のマニアな講義]
『牙むく敵』内容吉原会所の四郎兵衛(綿引勝彦)に呼ばれた磐音(山本耕史)は、元許嫁・奈緒(笛木優子)の身請けをした、紅花商人の前田屋蔵之助(山本耕史・二役)が、山形家中ともめていることを聞かされる。そんななか佐々木玲圓(榎木孝明)のもとに呼ばれた磐音。...... [続きを読む]

« 名探偵の掟 5 | トップページ | 遥かなる絆 5 »

作品一覧