2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 遥かなる絆 5 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 17 »

2009年5月18日 (月)

侍戦隊シンケンジャー 14

かつて自分を救ってくれたブルーさんに憧れて、自らも「サムライ」になりたいと志葉家を訪れたアメリカ人と、ブルーさんの友情、というか、師弟愛というか、ま、そんな感じの関係(大雑把です;;)を描いたお話でした。

カジキの回の時もそうでしたが、ブルーさんはやっぱり真面目です。
ある意味余裕がないというか。
その余裕のない所や、天然マジなところをつっこむ人がいれば、もっと面白くなったと思うのですが。

「正体不明のガイジンさん」が醸し出す無国籍風な味わいは懐かしかったのですけれどもね。

「最後まであきらめるな」がサムライの心、という設定は良かったです。

今回小林さんではない、ゲストの脚本家さんが手がけました。

複数のライターで作られることを前提にしたシリーズではないので、書きにくかったのでしょうか。
「シンケンジャー」の根本に関わる描写を意識的に避けていたように感じました。
なので、今回はシリーズのどこの時点に差し込んでもかまわない「シンケンジャー外伝」とでも言うのでしょうか、あまり本筋には関わりのない、かといってネタ回とも言えない、取りあえず、普通のお話でした。

もし、リチャードさんが新アイテムを携えて再登場した場合は、、、ごめんなさいっ。

.

.

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13

« 遥かなる絆 5 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 17 »

△特撮:侍戦隊シンケンジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 侍戦隊シンケンジャー 14:

» 侍戦隊シンケンジャー 第十四幕 異国侍 [レベル999のマニアな講義]
『異国侍(いこくのさむらい)』内容突然、流ノ介(相葉弘樹)を訪ねて、リチャード・ブラウン(ジョン・カミナリ)と言う外国人が、志葉家の屋敷にやってくる。以前、流ノ介に助けられ、シンケンジャーの大ファンになったという。シンケンジャーに弟子入りしたい!レッツ...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー #14 [Sweetパラダイス]
流ちゃんのお当番かと思ったらあ・・・あれ?シンケンジャーを知ってる異人さんレッツ武士道!には笑った思い込みが激しいんだから日本語がペラペラじゃんコントしてるでしょ?おバカが増えたよ〜おバカ嫌いじゃないけどねむしゃくしゃしてやるってよくあるよね〜反省しろ...... [続きを読む]

» 侍戦隊シンケンジャー 第十四幕「異国侍-いこくのさむらい-」 [あくびサンの、今日も本を読もう♪]
志葉家屋敷の門を開け、伸びをしながら出てきた流ノ介。「今日もいい天気だー」庭掃除を手伝うという流ノ介の申し出を、手を振って拒否する黒子ちゃん。彼らも色々苦労してそうですね(^^;そこへやってきた、1人の外国人。「やっと見つけました・・・シンケンブルー!!」...... [続きを読む]

« 遥かなる絆 5 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 17 »

作品一覧