2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« フジテレビ開局50周年 名作ドラマ&映画全て見せます! | トップページ | ゴーストフレンズ #2 »

2009年4月 9日 (木)

僕らのミライへ逆回転

2008年公開

トラブルメーカーのジェリーとつぶれかけたレンタルビデオ店の店員マイクは幼なじみ。ある日突然、店のビデオから映像が消える事件が発生。何と・・・(amazonより抜粋)

.

やっと借りれた作品。

オープニングから思わずニコニコさせてくれる映画です。
そして暖かくて少しほろりとさせる。
この「少し」がいいですね。感情過多でないところが。

主人公はどちらかというと、ビデオ店店員役のモス・デフ。ジャック・ブラックは主役というより「にぎやかし」。
しかしこの役が彼でなければ、この映画の持つ邪気のない馬鹿馬鹿しい雰囲気は生まれなかったと思います。
そういう意味では本作品は「ジャック・ブラックの映画」なんだと思います。

彼が主人公だったらもっとオバカな映画にはなっていたとは思いましたが。ただし間口は狭そう(爆)。

.

何といってもリメイクシーンが見せ場です。
「ゴーストバスターズ」を見ておいて良かった(笑)。
ラスト・シーンに至るまで、映画へのオマージュに満ち溢れた作品です。

ただ、少しエピソードの繋ぎ方が雑だったような気がしました。
リメイク・シーンやオリジナル映画作成シーンが楽しかっただけに、「画竜点睛を欠く」といったところでしょうか、残念に感じました。

監督のミシェル・ゴンドリーは本作で始めて知りましたが、多才な人のようですね。劇中劇も面白そうだったし。
あくまで邪推ですが・・・編集の時点で他の人の手が入った、なんてことはないでしょうね?

後、作中、ジャック・ブラック演ずるジェリーが「長すぎるSF映画」について皮肉を言っていたのには某巨大猿のリメイク映画を思い出して、つい笑ってしまいました。
(ひょっとしてあの映画、辛かったのか?ジャック・ブラック。)

ニュージャージー州に本当にパセーイクという都市があることや、店長やマイクの尊敬するファッツ・ウォーラーが実在の人物だったことは知りませんでした。
本作品のアマゾンのカスタマーレビューは勉強になりました。公式サイトも中々充実しています。

プレミアム・エディションについている特典は

・ジェリーとマイクの即興テーマソング集
・モス・デフ&ミシェル・ゴンドリー 一夜限りのスペシャルライブ
フランスで開催されたモス・デフ×ミシェル・ゴンドリー(ドラム)のスペシャルライブ
・劇中劇「ファッツはここで生まれた」
映画の中に登場した自主制作映画「Fats was born here」

などなどなど。

うーん、面白そうです!

« フジテレビ開局50周年 名作ドラマ&映画全て見せます! | トップページ | ゴーストフレンズ #2 »

*DVD・映画・観劇 ま行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕らのミライへ逆回転:

« フジテレビ開局50周年 名作ドラマ&映画全て見せます! | トップページ | ゴーストフレンズ #2 »

作品一覧