2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーディケイド 9 | トップページ | 絶対彼氏 最終章スペシャル »

2009年3月23日 (月)

黒部の太陽 後編

静かに耐え、支え続けた女たちがいた。

後半に入って、工事以外のエピソードで水増しされたように感じました。
トンネルのシーンばかりだと暗くて飽きられると判断したのでしょうか。

木塚を絡ませた仁志と幸江のエピソードなどは良かったのですけど。

でも、できたらこういった「静」のエピソードは前半に持ってきて、後半はトンネル工事に取り込む男達をメインに据えて、ダイナミックにがっちり撮った方がテンポも良く、もっと力強いドラマになったのではないか、と思いました。
エピソードの時系列もあるのでそう簡単にはいかないかもしれませんが。

香取さんは役者としてひとつ殻を破った感じがしました。
「不器用で繊細」といったキャラは今までもありましたが、本作品ではそれに加えて、「責任ある地位にいる大人の男」という新しいキャラを力強く演じておられました。
.

今回、とても残念というか不快に思った部分がありました。
トンネルが開通した瞬間にCMのテロップが入ったことです。
流れがぶつ切りでした。このドラマのテーマを考えると、信じられない無神経さです。

それから、光子の病気平癒を願う気持ちとトンネル開通に賭ける気持ちを重ね合わせるのはいいのですけど、光子の描いた絵のエピソードが、思わせぶりな描写を含めて、終盤に向くにつれどんどん重要になっていったのも腑に落ちなかったです。

自分的には、トンネル開通時のカタルシスが不発に終わったためか、工事に携わった男たちの苦悩と喜びより、「光子の絵」の方が印象に残ってしまいました(苦笑)。

途中までは「男たちのドラマ」としていい感じだったのに、最後に「ホームドラマ」に飲み込まれてしまったような感じがしました。

それを良しとするかどうかは好みの問題でしょう。

« 仮面ライダーディケイド 9 | トップページ | 絶対彼氏 最終章スペシャル »

#ドラマ:SP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒部の太陽 後編:

» 黒部の太陽 後編 太陽だよね??? [レベル999のマニアな講義]
フジテレビ開局50周年記念ドラマ特別企画 黒部の太陽・後編『史上最悪の難工事!! 男達の執念が不可能を打ち破る!ついに感動のクライマックス!!内容黒四計画における重要な“大町トンネル”のトンネル工事でついに、破砕帯にぶつかってしまった現場の倉松(香取慎...... [続きを読む]

» 黒部の太陽 [せるふぉん☆こだわりの日記]
二夜連続で放送された香取慎吾主演「黒部の太陽」 あまりにも難航したトンネル工事の [続きを読む]

« 仮面ライダーディケイド 9 | トップページ | 絶対彼氏 最終章スペシャル »

作品一覧