2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« ありふれた奇跡 最終回 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 6 »

2009年3月22日 (日)

黒部の太陽 前編

命をかけて困難に立ち向かった男たちがいた。
.
まだ前編なので簡単に。

おおよその話は知っていますが、原作、映画、舞台及び事前情報は見ていません。

もっと情緒過多なお祭り的作品だと思っていたら、意外に、と書いては失礼ですが、骨太なドラマになっていました。

ロケ、セット、豪華なキャストなど、お金をかけただけはあると思います。
ナレーションはついていますが、それに頼らず、倉松仁志の戦争体験の短いカットなど、映像で見せよう、という意気込みも感じました。

しかし、原作を読んだ人には物足りないかもしれませんね。

小林さんが画面を引き締めています。
香取さんは今まで演じたことがないキャラとがっつり組み合っている、といった感じを受けました。

実話を基にした「大河ドラマ」的な作りなのでエピソードがいくつか並列して進んでいますが、それなりに集約されていたと思います。

軍隊で例えると「将校」を象徴するような関電・熊谷組に、一兵卒を束ねる「下士官」倉松仁志が異議を唱えるシーンは印象に残りました。

後、出番は多くないですが、柳葉さん、そして演じられた役が印象的でした。

後編が楽しみです。

« ありふれた奇跡 最終回 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 6 »

#ドラマ:SP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒部の太陽 前編:

» 黒部の太陽 前編 まぁ、、、続きがありますから。.。。 [レベル999のマニアな講義]
フジテレビ開局50周年記念ドラマ特別企画 黒部の太陽・前編『戦後日本の復興に命を賭けた男たち! 巨大ダム建設のために前人未到の秘境に挑め!!』内容戦後からも、ようやく抜け出そうとしていた日本。だが、その活動により深刻なエネルギー不足が発生。休電日が設け...... [続きを読む]

« ありふれた奇跡 最終回 | トップページ | 侍戦隊シンケンジャー 6 »

作品一覧