2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« メイちゃん #9 | トップページ | Q.E.D. 最終回 »

2009年3月11日 (水)

トライアングル 10

原作未読です。

前回の感想で書いたことが本当になってしまったのが、何だか後ろめたいです。
虚構の世界とはいえ、人の生死を軽んじる言葉を書いてはいけないなぁ、と反省しました。
.

亮二を狙って誤ってサチを撃ったのは誰なのか。
少なくとも葛城のお父さんではない。

サチの予言めいた言葉。
郷田家の山小屋火災の時に近所をうろついていた頬に痣のある男。
ずっと佐智絵の事件を追っていた黒木のおやっさん。
忘れん坊の秋本了の新証言。
プロ野球カードを見つめる亮二。
25年前の事件と15年前の火災、そして今回の連続殺人。
全てを繋ぐものは何。
いよいよ真犯人と対峙する時がきた。

稲垣さん、小日向さん繋がりで「金田一耕助シリーズ」を何となく思い出しました。
金田一に限らずですが、探偵って事件が終わってから謎を解き明かすのですよね。
主人公は亮二ですが、もし黒木舜が金田一探偵みたいなスタンスだったら・・・

できたら丸さんが犯人でなければいいなぁ。

« メイちゃん #9 | トップページ | Q.E.D. 最終回 »

#ドラマ:2009年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トライアングル 10:

« メイちゃん #9 | トップページ | Q.E.D. 最終回 »

作品一覧