2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« Q.E.D. 最終回 | トップページ | ノーカントリー »

2009年3月13日 (金)

ありふれた奇跡 10回目

女装した岸部さんが加奈たちのいるレストランに入ってきたシーンで、全部すっ飛んでしまいました(爆)。
.
.
元気のない加奈をそれとなく気遣うおばあちゃん。

藤本と田崎のおじいいちゃんとのやりとりは切なく感じました。
「5万円貸す」と「5千円やる」の違い。うまいですね。

しかし藤本の行動は知らない人にとってはやはり「変な人」に見えると思います。

「現実が辛いので、全部自分のせいだと思い込むことにしていた」
と語り、再び生きていくことへの希望を語る料亭での藤本の表情は、少し怖くて印象的でした。
加奈、翔太と同じく「嘘だ」と思って見ていたからでしょうね。
あの札束が嘘でないことを願いたいです。

仲間さんて、床の間が良く似合う。

.

犬も食わない喧嘩をしつつも納まるところに納まった感じの翔太の両親。
そんな中、田崎のおかあちゃんの告白と炬燵でひとり手酌のおじいちゃん。
嫁いびりはともかく、セクハラは嫌だったでしょう。

セクハラをしているという自覚がおじいちゃんにあったかどうか?「我慢の足らない嫁」という言葉は本心なのか?

感情や言葉の行き違いが重なって、二人とも意地になっているようにも見えます。

.

今回はいったん離れようとした加奈と翔太の気持ちが再び寄り添う様が描かれていました。

加奈「結婚なんか考えない、私は今、好きな人を選ぶ」

赤ん坊の件は最初からみえみえでしたけど(笑)。

来週、いよいよ最終回。

藤本は今回の希望に満ちた報告で重要な出番は終わりなのでしょうか。
狂言回し的な役割の回があったものの、藤本ありきで始まったドラマなので、気になります。

« Q.E.D. 最終回 | トップページ | ノーカントリー »

#ドラマ:2009年第1クール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありふれた奇跡 10回目:

« Q.E.D. 最終回 | トップページ | ノーカントリー »

作品一覧