2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« Q.E.D. 7回 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 5 »

2009年2月20日 (金)

ありふれた奇跡 7回目

追い詰められていく田崎君。
確かに行動だけ見れば非常識です。
でも、言い訳ができる性格ではないし、ましてや爆弾発言の理由なんて絶対言えない。
中城のおとうさんが憎たらしい分、田崎君を応援したくなります。

うまいですなぁ、ダークサイドな岸部さん。
ダークであればあるほど、あの「弱み」をこれからどのようにからませるか、興味津々です。

メールではついに「バカヤロー」の応酬となってしましました。
手紙とは違った使い方がここへきて生きてきました。

思わずかばうおばあちゃん、だけど結婚には反対。
中城のおばあちゃんと田崎のおじいちゃんのシーンは切なかったです。

神戸さん「二人で唄って楽しいか」
確かに(笑)。

まだ何かありそうな藤本さん。

嫌味なほど(爆)、一人として無駄な配役、無駄なエピソードがなく、最終回に向けてこれまで貼られた伏線が露わになっていくようなので、気が抜けません。
.
.
ところで、藤本さんの行動はどうなんだろうなぁ。
好意はわかるんだけど。
受け取る方は、一番弱い部分に踏み込んでこられて拒否反応を起こすか、それとも袋小路の中に差し込んだ一条の光と感じるか。
人それぞれでしょうね・・・・

« Q.E.D. 7回 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 5 »

#ドラマ:2009年第1クール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありふれた奇跡 7回目:

« Q.E.D. 7回 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 5 »

作品一覧