2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« お買い物 | トップページ | トライアングル 7 »

2009年2月18日 (水)

メイちゃん #6

※原作未読。

今回はラブ・シャッフル(笑)。

お話そのものは面白かったです。

今まで言いなりだったソウル、じゃないソーレ達に対して、執事とのパートナーシップを守るために、バラバラだったクラスメートたちが一致団結する。

しかし「次の手は打ってある」というルチア様の言葉。
ついに正体を現した多美。

.

まずは乞う、次回!
.
.
以下、毒を少々まぶして。

.

.

相変わらずですが、カットの繋ぎ方が雑なのが目につきます。

同じシーンなのに、次のカットで俳優の立ち位置が変わるって、どうなんでしょう。
もっと丁寧な編集をお願いしたい←何様。

.

今さらですが、男子の方が基本オバカなので、オバカ男子集団のイケパラは可愛げがあったんだけど、女子集団だとどうしても根に陰湿さがあって(偏見かも)、オバカになりきれない。

今回は根津ちんと不二子様のバカップルぶりが微笑ましくて見やすかったですね。
鼻血な大門、みるくちゃんのふくれっつら、青山の不機嫌そうな顔もベタだけどいい使い方です。
.

アホな良い子から悪役顔へ一変した谷村さん、本領発揮ですね!
「キャットストリート」で彼女の表情表現の豊かさに驚いて以来、注目しています。
同じ年代の女優さんの中では頭一つ抜けている気がします。
.

今回はいつにもまして剣人の大活躍でした。
それに切なさも伝わりました。

キャリアと年齢からいって、それほど多くは期待してはいけないぞ、と自戒する一方でついつい期待してしまうジレンマを抱きつつ見ているのですが、だんだん安心して見れるようになってきました。

根津ちんとのからみも面白かったし。(大人な姜さん、素敵です。)

佐藤さんはアクション、特にコケる時の体の線が綺麗で、動きも思い切りがよく、気持ちいいんです。
だから編集はちゃんと・・(以下自粛)

しかし、そもそもアクションシーンを真剣に撮る気がない、もしくはスキルがないように見えてしょうがないのは事実です。(大毒;;)

.

いつか谷村さんと共演して欲しいなぁ、今度はちゃんとしたドラ・・(はい、自粛。)
.
.
先日、水嶋さんのファンの人とこのドラマについて語り合いました。
私が「理人、動いてないやん」というと、
「あの、じっと堪えている姿がたまらないんです」
と言われました。
なるほど。「耐え忍ぶ」美学なんだ。
目からウロコでしたよ。
確かに悩める理人は断トツで美しいです。

ということは、「耐えて忍ぶ」タイプの主人公のセオリーとして、ラストまでには今までのフラストレーションを解消させるような活躍があるに違いないっ。頼みましたよー、スタッフさん。
.
.
最後に。
ヒロインがどーしてもあの二人から想いを寄せられるほど可愛く見え(はい、終わり)

.

#3 #4 #5

« お買い物 | トップページ | トライアングル 7 »

#ドラマ:2009年第1クール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メイちゃん #6:

« お買い物 | トップページ | トライアングル 7 »

作品一覧