2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« メイちゃん #4 | トップページ | シャイニング:DVD »

2009年2月 4日 (水)

トライアングル 5

これもちっちゃく感想。

原作は未読です。
一応初回から視聴していますが、先週は完全にながら見でした。

今週も前半で挫けそうになりましたが、後半、丸山の表彰式から亮二、黒木、丸山のチームの結束が固まるところで、俄然面白くなってきました。
ラストシーンも決まってました。

来週以降、過去の事件の探索に生きのいい(というと不謹慎ですが)新たな事件が加わって、躍動感が出てくるでしょう。

最初は何となくおまけみたいだった黒木が、血肉の通った人間となって存在感が出てきました。

残念なのは亮二。いえ、役者さんのことではありません。
漫画みたいなキャリアの設定が邪魔してますね。
表彰式の時の決意、黒木や丸山の行動には説得力がありましたが、亮二には感じられなかった。
丸山がいったとおり「警察の人間じゃない」のですからね・・・
まぁ、この設定が今後、意味を持ってくるのでしょう。

それにしてもやっぱり小日向さんは凄い。
表情一つでドラマを引き締めました。

« メイちゃん #4 | トップページ | シャイニング:DVD »

#ドラマ:2009年第1クール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

作品一覧