2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

« 仮面ライダーディケイド  1 | トップページ | メイちゃん #3 »

2009年1月27日 (火)

9ヶ月:DVD

九ヶ月

付き合いはじめて5年目のサミュエルとレベッカ。お互いの自由を尊重し合える最高のパートナーとしてイチャイチャ、アツアツの毎日、それはまさに理想のライフスタイルだった。しかし、そんな生活を震撼させる一大事が起こる! そう、それは……避妊に失敗すること! (Amazonより抜粋)

借りたい新作が貸し出し中だったため、未見だった1995年公開の本作を視聴しました。

「抱腹絶倒」ではありませんが、ライトなコメディーを見たい気持ちだったので、満足でした。

どの時代どの地域でも通用する、つまりよくある話を脚本とキャスティングの腕で料理しています。

まず、オープニング早々に登場する騒々しい大家族にイラっとさせられました。
イラっとしたら製作者の思う壺です。

ヒュー扮するサミュエルと同じ気持ちになっているわけで、映画の中に自分の居場所を見つけたことになるわけです。
つかみはOKです。

ヒュー・グラントはこういったちょっとばかり自己中心的な嫌な二枚目が上手いなぁ。
ジュリアン・ムーアも妊娠した女性の情緒不安定な部分としたたかさをあの美しい笑顔ひとつでテンポよく演分けていて、さすがです。

大家族のお父さん役トム・アーノルドもきっちり脇を固めています。

ロビン・ウィリアムスは本人より、彼の演技を受ける主役二人の表情が面白かったです。

ただしここの一幕もののような共演シーン、日本人にはわかりにくいジョークが多く、どうやらネタも際どそう。

笑う前にまず考えてしまう、いや、そもそもそれって面白いのか?みたいなネタです。

ジョークには文化性の違いが如実に現れますなぁ。コメディーは奥が深いです。

しかし本作はわかりやすいスプラスティック・コメディーシーンの見せ場もしっかり作っています。
そして感傷的なエピソードをバランスよく配置する。
マーケティング・リサーチの結果を無理なく反映した映画だな、と思いました。
監督・脚本は「ホーム・アローン」「ナイト ミュージアム」及びハリー・ポッターシリーズなどを手がけたクリス・コロンバス。なるほど。

後、カウセリングをうける少年のエピソードがちょっと中途半端だと感じたのですが、あ、少年、そしてヒューといえば・・・ということで「アバウト・ア・ボーイ」を連想しました。

私は少し印象の暗い「アバウト・ア・ボーイ」の方が好きですけど。

« 仮面ライダーディケイド  1 | トップページ | メイちゃん #3 »

*DVD・映画・観劇 か行」カテゴリの記事

*DVD・映画・観劇 総合」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9ヶ月:DVD:

« 仮面ライダーディケイド  1 | トップページ | メイちゃん #3 »

作品一覧