2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

自己紹介のようなメモ

  • 気になる、もしくは愛すべき作品にはついついツッコミを入れてしまう、ドラマの感想中心のちょっとおっちょこちょいなブログです。

TBとコメントについて

  • TBとコメントは認証制にしています。頂いたTBには記事と関係がある限り、必ずお返しするようにしていますが、サーバーのご機嫌次第で時々お返しできない時があります。

過去の感想記事について

  • ドラマ感想及びまとめは下記の「クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧」に、 DVD、映画、舞台の感想は「DVD、映画、舞台のINDEX」にアカサタナ順に、 読書は「読書:著者&編者別のINDEX(アカサタナ順)」に収納しています。

クール別:鑑賞したテレビドラマ・映画・DVD一覧

DVD、映画、舞台のINDEX

カテゴリー

今月の読書

無料ブログはココログ

カテゴリー「◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア)」の4件の記事

2012年11月15日 (木)

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル 第4話

公式サイト

オープニングをラストに持ってきた今回。
みんな暗転を迎えるお話でした。

寂れていく商店街を何とかしようと、町内会の人々に2年間、練りに練った企画を発表するも、全く相手にされない順一。
町内会の人々は、東京からやってきたマレビト、丈太郎を逃げ道にして去っていきました。

丈太郎の苦し紛れのアイデアは、商店街のゆるキャラを作ること・・・
丈太郎は、東京からきたから、というだけで思いつきで言った企画に乗っかる人々に不信感を抱きますが、順一の気持ちにまでは思い至らない。
まかされたからには、と無邪気にゆるキャラ作りに取り組みます。

順一に誘われてサリンバーに行くさより。
普段はそんなことはしない。日常ではない時間を楽しみたくて行ったのに、順一から自分の企画が通らなかった愚痴を聞かされて、おかんむり。

姉の夫から、自立している、と持ち上げられて居心地の悪いかほり。
自分が働くことを嫌がるくせに、かほりが職業婦人であることを褒める夫に苛立つさより。
本当は自分自身に苛立たしいのに、その気持ちをぶつけ合う姉妹。
傷つけあうことになるのがわかっていても、止められない。

彩花と自宅でDVDデートをすることになって舞い上がる丈太郎。
ところが、お邪魔虫、春菜が割り込んできて、がっくり。

その頃、弘樹は自宅へ冬服を取りにいっていました。
家には酒びたりの親父が。
そのことを注意すると、自分こそプラプラして、と逆に喰ってかかられます。

彩花のアパートに戻っても一人ぼっちの弘樹は、かほりを呼び出して・・・

どうしてもゆるキャラが思いつかない丈太郎。
順一にこの企画を断ることを告げるとともに、東京からきた、ということに安易に乗っかる商店街の人々を批判します。
すると、順一は、よそものがわかったようなことを言うな、と激怒し、去っています。

日下は、順一のように生まれて以来30年、町から出ることなく生きてきたことがどういうことかわかるか、と諭した。(公式サイトより)

商店街がなくなる、ということは、職を失う、ということでもある。

「自分は何もわかってなかった。」
もし大学進学で東京に出てこなかったら。ずっと栃木にいたら。
自分におきかえて落ち込む丈太郎。

メールの送り主はやはり、わけありの彼氏だった春菜。
不倫かぁ。
彼のことを忘れるために、強引に丈太郎にせまっていた、という解釈であってるのかな?

.

以上、突っ込みは入れずに、主なエピを書き連ねてみました。

偶然見かけた、という手法を多用しているのが気になりました。
偶然はあってもいいと思うのですけれども、いつも同じようなシチュエーションなので、またかぁ、と思っちゃうのかも。

着々とリニューアル中の丈太郎をはじめ、一人一人のキャラは立っているし、それぞれが抱えている悩みもよくわかりました。

彩花と春菜の話はこれからとして、かほりのジレンマ、順一の鬱屈した気持ち、野球選手になれなかったことが家族にも暗い影を落としている弘樹。
ここまではいいんです。

しかし、さより夫妻の話は・・・旦那が旦那なら、妻も妻って感じでしょうか。

相手はずっと顔を合わせている幼馴染。
高校卒業直後・・・いや、20代後半までならわかりますが、すでに家庭を持っていて、しかも地元のカフェでお茶する時に、いったいどんな歯の浮いたセリフを期待できるというの?、と思わず突っ込み。
髪を切ったことに順一だけが気がついてくれたことに、気を良くしたのでしょうか。

さよりって相手が自分の思ったように動いたり喋ったりしてくれないと、シャトダウンしちゃうタイプ、まさしく女王様なんだー、と。

順一が愚痴をこぼし始めた途端のむくれ顔の感じの悪さは、流れ的にはお見事でした。

で、旦那はそんな妻に疲れたのか、それとも最初から全く理解しようとしていないのか。

この夫妻を見ていると、どよん、となってしまいました(^^;;

順一の方はよくわかるんです。
今でも憧れの眼差しでさよりを見てはいるものの、今更どうの、と言う気はないし、この時もデートをしているつもりはなかったのだから。
この町への不満を、自分と同じく町を出たことがないさよりだからこそ、聞いて欲しかったのにね。

ラスト近く、さよりが順一にあやまったので少しすっきりはしました。
でも、これが次の火種になる?(_ _)

.

うーん、どうなるのかなぁ、この先。
恋愛ドロドロを通じての「遅咲きのヒマワリ」たちの話になるのでしょうか。

今回がそれぞれのどん底だといいのですが。
まだ4話だし、リニューアルするまで、まだいっぱい恋愛爆弾を抱えていそう。(汗)

.

.

01 02 03

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2012年11月 9日 (金)

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル 第3話

公式サイト

感想のみ短く書きます。

丈太郎のスタンスがはっきりしてきたので、前回より見やすかったです。

外からやってきて善意から町を引っかきまわす。
しがらみがない分、発想も自由で、お気楽でもある。
そのことがお祭りの企画に集約されていました。

一度やったら毎年やらなければならない。そんな予算も人手もない、と渋る順一と日下に、今後のことは何とかなる、と無邪気な丈太郎。
そこにずっと住み続けるつもりも覚悟もないから、言えることでもあります。
しかし、そういうことを言ってくれる人が、この町には必要だ、というのも伝わりました。
目の前のことで一杯な現役の人々より、大河内さんたちお年寄りの方がそういうことをわかっている、というのも良かったです。

.

台風の中、謎の墓参りから戻った彩花。思わず走馬灯株式会社の人かと(汗)。
松本弘樹の父は酒乱のようです。
影のある、微妙に捻れたこのカップルの、ドラマにおける役割はまだ謎です。

かほりの言うことを全部捻くれて受け取るさよりを、うっとうしいなぁ(汗)、と見ていたら、かほりの落ち込み方を見て、やっぱり姉妹だわ、と。(苦笑)

でも、研究者への道を閉ざされた上に、中途半端、って陰口叩かれたらへこむだろうし、中途半端であることを自覚しているだけに、自虐的になる、というのはすんなり理解できました。かほりの持っている雰囲気にも合っていましたし。

しかし、台風で足止めされることがわかった時に、病人の家に戻らずに、小屋で丈太郎と一夜をすごす、という設定には多少無理を感じました。

だっておばあさんが苦しんでいるところでシーンが変わっちゃうんだもの。(汗)
せめて、ひと段落つくところを見せてくれていれば。
で、翌朝、もう一度訪れている。ちょっと腑に落ちなかったです。

ですので、どうしても台風という普段とは違う状況下で、丈太郎とかほりが本音を言うシーンを見せたかったのね、と冷たく見てしまいました。
二人が全く違う生き方をしてきたことがよくわかる、いいシーンだったのですが。

大自然がバックになっているため、作為的な部分というか、仕掛けが目についてしまうのかもしれません。
普通のドラマなら、これくらいのことは気にならないのかも。
.

さよりの捻くれ方に比べれば、ワケありといえども、グイグイ丈太郎に迫る春菜が可愛く見えました。
唯一まともそうだった順一も、次回、捻くれてしまう?

.

.

01 02

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2012年11月 1日 (木)

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル 第2話

公式サイト

感想のみ書きます。

ずっと「4番ピチャー松本弘樹」って言われていたら、ちょっと辛いと思いました。
弘樹に限らず、高校球児たちのその後って紆余曲折だもんなぁ。
高校球児だけでなく、若い時に注目された人は大変だなぁ、てなことを思いつつ。

過去の栄光とはいえ、一度は花を咲かしたことのある弘樹がうらやましい丈太郎。
どんな屈折があったのでしょうか、頑なになってしまった弘樹は、これから咲くと思っているのか、と丈太郎に言い返します。
しかし、「4番ピチャー松本弘樹」の姿に励まされて、妻が亡くなった時に一度は辞めようとした農業を続けてきた大河内老人の手は握りました。

その帰り、四万十川河辺に遅咲きのヒマワリを見つけて、感動する丈太郎。

このラストと稲刈りのシーンが爽やかだった今回。

彩花に男性の影を感じたかほりは、丈太郎にちょっかいを出すのを咎めます。
しかし、彩花は、弘樹の名前こそ明かしませんでしたが、男性と一緒に住んでいることをあっさり認め、その上だからといって丈太郎とデートしていけないことは何もない、と悪びれません。
二股なんて・・・おカタイかほりは、なぜ?と尋ねますが、よく鍛えられた健康な男の体が好きなの、わかるでしょ、とあしらわれてしまいます。
「新鮮な細胞」など、彩花のキーワードは「健康な体」?

弘樹の前で平然と丈太郎とデートの約束の電話をする謎の女性、彩花。
何も言わない弘樹。言えないんでしょうね。

他の人たちは。
丈太郎にアタックするも全く振り向いてもらえない春菜。
廃業が相次ぐ商店街に焦る順一。
妹に愚痴をこぼすも、相手にされないとやっかみ全開になるさより。
研究者に戻りたいかほり。
誰もがうまくいっていません。
その中で、丈太郎だけが半歩進んだ、というところでしょうか。

四万十の女に手を出したらあかん、と丈太郎に釘をさす順一。
そうだ、と強く肯く日下さんの、四万十の女性を好きになってしまった自分の過去と結果を語る飄々とした雰囲気が、じんわりと可笑しかったです。

男前で無邪気で素直なよそ者、丈太郎の存在は、今後しばらくは彼らにとっていい刺激というより、かえって自分たちが抱えるコンプレックスを刺激することとなりそうです。

かほりって、周りのことには関心をもたないクールなタイプかと思ったら、意外と小姑でした。(汗)
潔癖で男女関係に疎い、ということはわかります。
丈太郎が彩花を車に乗せるところを「偶然に」目撃してしまい、すぐに忠告する流れが何だかな、と。

姉、さよりも曲者っぽい感じ。
トイレでたばこって・・・すぐにバレますから!!

その他にもストーリーを展開させるためのエピソードだなぁ、と感じてしまった部分があって、少し醒めてしまいました。(汗)

これからどう展開していくのでしょうか。
さよりの夫といい、タイトルやオープニングから受ける印象とは違って、じとっとしたドラマになるのかな?・・・過疎問題、地域おこし、恋愛模様。バランスよく描いていってくれるといいのですが。

それにしても、今クールは「彩」がつくヒロインが多いです。

.

01

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

2012年10月26日 (金)

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル 第1話 

公式サイト

演出: 石川淳一、植田泰史/脚本:橋部敦子/プロデューサー:成河広明、小林宙、江森浩子/音楽:海田庄吾
出演: 生田斗真、真木よう子、桐谷健太、香椎由宇、木村文乃、柄本佑、国仲涼子、嶋田久作 、ミッキー・カーチス、矢柴俊博、田口淳之介、松重豊 他

思いついたまま、バラバラと感想主体で書きました。

昨日書いたのだけれども、アップする時間がとれませんでした。ふうー。
.

今期、プライムタイムでは最後にスタートした本作。
しっかした構成とテンポのいい編集で大変面白かったです。
そして落ち着いていて美しい映像。風景だけでなく、美しい俳優さんたちを美しく撮ってくれていました。

愛想がよくて如才がなく、男前でもあるので地元の老人たちに"まれびと"として迎え入れられる丈太郎。
そのまま客人としてしばしとどまる程度ならば気持ちよく過ごせたのでしょうが、住人になろうとすると人間関係が密な分、息苦しいことも多い・・・とストレスがたまりつつあったところで、隣家の老婦人、大村の死に立ち会うことになります。

ここは都会より人が身近です。それは人の死も身近ってことですから。

人が社会人として人間関係の輪の中に踏みとどまろうとするならば、どこであろうと息苦しさを感じることはあるのだけれども、都会なら個になれる時はある。
でも、ここは・・・ずっと都会で暮らしていたら、重い環境です。自分なら、とっとと逃げだします。でも丈太郎は踏みとどまりました。

これからこの町で、丈太郎はどのようにして気持ちのバランスをとっていくのでしょうか。
「僕らの価値って、何ですか。」というドラマのコピーとは少々外れた感想ですが、一番気になったことです。

そして研究者としての道を否定され、息苦しい故郷に帰郷した医師、かほり。臨床経験はほとんど、というか全くない。何でもこなさなければならない総合病院で悪戦苦闘しそうです。
看護師の彩に謝った時はちょっと可愛かったです。同時に、畑違いの職場に飛ばされた悲哀を感じました。

生田さんのちょっと頼りないけれども優しくて素直な丈太郎、真木さんのやさぐれたUターン医師、謎の切れ者ツンデレ美人看護師、彩役の香椎さん、それぞれがピッタリはまっていました。

桐谷さんの高知弁。龍馬伝の経験が生きてました~(^^)
柄本さん、木村さんは今回は顔出し、次回以降のお楽しみです。

松重さんの日下さんは、きっと逃げ出した人々は多かっただろうと思うのですが、それでも、新しい人をきちんと受け入れようとする姿勢は崩さない。
丈太郎を見守ってくれそうで頼もしいです。

火曜日のフジ、今期はレベルが高いです。
曜日だけでなく、クールも分散してくれたらいいのに、なんて無理なことを思ったりして(^^;;

もし不安要素があるとするなら、同じく橋部さんの「フリーター~」の初回とちょっと似た感じがしたことでしょうか。
「フリーター~」、初回を見た時は、これからいったいどうなるんだろう、とすごく期待したのですが、母親の病気や霊感商法などサイドテーマを取り入れすぎたため途中で、主人公が家を買う、というテーマが見えなくなっちゃったんです。(汗)

でも、今回は「群像劇」。メインキャラたちの背景もしっかりしていそうなので、大丈夫かも。

ということで感想を書く事は決定したけれども、「ゴーイング・マイ・ホーム」との兼ね合いが難しいです。

時間帯ではなく、スタート順で、こちらを後にしようかな~。
どちらにしても時間の都合で、感想のみになると思います。

.

.

にほんブログ村 テレビブログへ    Q_2

その他のカテゴリー

#ドラマ:2009年第1クール | #ドラマ:2009年第2クール | #ドラマ:2009年第3クール | #ドラマ:2009年第4クール | #ドラマ:2010年第1クール | #ドラマ:2010年第2クール | #ドラマ:2010年第3クール | #ドラマ:2010年第4クール | #ドラマ:2011年第1クール | #ドラマ:2011年第2クール | #ドラマ:2011年第3クール | #ドラマ:2011年第4クール | #ドラマ:2012年第1クール | #ドラマ:2012年第2クール | #ドラマ:2012年第3クール | #ドラマ:2012年第4クール | #ドラマ:2013年第1クール | #ドラマ:2013年第2クール | #ドラマ:2013年第3クール | #ドラマ:2013年第4クール | #ドラマ:2014年第1クール | #ドラマ:2014年第2クール | #ドラマ:2014年第3クール | #ドラマ:2014年第4クール | #ドラマ:2015年第1クール | #ドラマ:2015年第2クール | #ドラマ:2015年第3クール | #ドラマ:2015年第4クール | #ドラマ:2016年第1クール | #ドラマ:2016年第2クール | #ドラマ:2016年第3クール | #ドラマ:2016年第4クール | #ドラマ:2017年第1クール | #ドラマ:2017年第2クール | #ドラマ:SP | #ドラマ:雑感 | #今月のまとめ | *DVD・映画・観劇 あ行 | *DVD・映画・観劇 か行 | *DVD・映画・観劇 さ行 | *DVD・映画・観劇 た行 | *DVD・映画・観劇 な行 | *DVD・映画・観劇 は行 | *DVD・映画・観劇 ま行 | *DVD・映画・観劇 や行 | *DVD・映画・観劇 ら、わ行 | *DVD・映画・観劇 総合 | *DVD・映画・観劇 雑感 | *アガサ・クリスティー映像化作品 | @お笑いコンテスト | @テレビその他 | @今月の読書 | @山本さん | @身辺雑記 | ※Martha Speaks(アニメ) | ■おんな城主 直虎 | ■仮面ライダーエグゼイド | ■宇宙戦隊キュウレンジャー | □11人もいる! | □37歳で医者になった僕~研修医純情物語 | □ATARU | □BORDER | □GTO | □JIN-仁- 完結編 | □Nのために | □PRICELESS~あるわけないだろ、んなもん!~  | □Woman | □あすなろ三三七拍子 | □おそろし―三島屋変調百物語 | □おやじの背中 | □くろねこルーシー | □それでも、生きていく | □ちゃんぽん食べたか | □とんび | □ぼんくら | □ぼんくら2 | □よろず占い処 陰陽屋へようこそ | □カエルの王女さま | □カルテット | □ゴーイング・マイ・ホーム | □スターマン~この星の恋~ | □ストロベリーナイト | □チーム・バチスタ3~アリアドネの弾丸 | □デカワンコ | □デート〜恋とはどんなものかしら〜 | □トッカン-特別国税徴収官- | □ドン・キホーテ | □ハガネの女 2 | □バーテンダー | □ビギナーズ! | □フェイク~京都美術事件絵巻 | □フリーター、家を買う。 | □マルモのおきて | □ラッキーセブン | □リバウンド | □リーガルハイ(2013) | □リーガル・ハイ | □ロング・グッドバイ | □冬のサクラ | □刑事フォイル | □医龍 Team Medical Dragon3 | □半沢直樹 | □南極大陸 | □問題のあるレストラン | □四十九日のレシピ | □坂の上の雲 | □塚原ト伝 | □外交官 黒田康作 | □夜のせんせい | □夜行観覧車 | □大河:軍師官兵衛 | □天皇の料理番 | □安堂ロイド~A.I. knows LOVE? 簡単感想 | □家政婦のミタ | □家族狩り | □専業主婦探偵~私はシャドウ | □小暮写眞館 | □幽やかな彼女 | □恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~ | □悪夢ちゃん | □新解釈日本史 | □新選組血風録 | □明日、ママがいない | □昨夜のカレー、明日のパン | □最後から二番目の恋 | □最高の離婚 | □朝ドラ:おひさま 不定期観測メモ | □朝ドラ:カーネーション・不定期観測メモ | □朝ドラ:ゲゲゲの女房 | □東野圭吾ミステリーシリーズ | □泣くな、はらちゃん | □流星ワゴン | □激流~わたしを憶えていますか?~ | □独身貴族 | □猫侍 | □獣医ドリトル | □破裂 簡単感想 | □神様の女房 | □精霊の守り人 | □結婚しない | □続・最後から二番目の恋 | □美咲ナンバーワン!! | □美女と男子 | □胡桃の部屋 | □薄桜記 | □重版出来! | □鍵のかかった部屋 | □陽はまた昇る | □陽炎の辻 | □霊能力者 小田霧響子の嘘 | □高校生レストラン | □黄金の豚-会計検査庁 特別調査課 | □Q10 | □SPEC~警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿~ | □TAROの塔 | △大河:八重の桜 | △大河:平清盛 | △大河:江 | △大河:真田丸 | △大河:花燃ゆ | △大河:龍馬伝 | △特撮:仮面ライダーW | △特撮:仮面ライダーウィザード | △特撮:仮面ライダーオーズ/OOO | △特撮:仮面ライダーゴースト | △特撮:仮面ライダーディケイド | △特撮:仮面ライダードライブ | △特撮:仮面ライダーフォーゼ | △特撮:仮面ライダー鎧武 | △特撮:侍戦隊シンケンジャー | △特撮:動物戦隊ジュウオウジャー | △特撮:天装戦隊ゴセイジャー | △特撮:恐竜戦隊キョウリュウジャー | △特撮:手裏剣戦隊ニンニンジャー | △特撮:海賊戦隊ゴーカイジャー | △特撮:烈車戦隊トッキュウジャー | △特撮:特命戦隊ゴーバスターズ | ◇BOSS 2ndシーズン(リタイア) | ◇HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~(リタイア) | ◇たぶらかし~代行女優業・マキ~(リタイア) | ◇ザ・サマーレスキュー~天空の診療所(リタイア) | ◇ハングリー!(リタイア) | ◇ブルドクター(リタイア) | ◇最高の人生の終わり方~エンディングプランナー~(リタイア)  | ◇浪花少年探偵団(リタイア) | ◇謎解きはディナーのあとで(リタイア) | ◇遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル(リタイア) | ◇CONTROL 犯罪心理捜査(リタイア) | ◇LADY~最後の犯罪ファイル(リタイア) | ☆ロンドン旅行、再び | ☆初めてのロンドン旅行

作品一覧